修理補修などでお困りの方

止水栓を止めても便器内に流れる水が止まらない場合/ゴムフロートの交換

交換部品

品名 ロータンクゴムフロート
品番 PH84-92X

その他

交換修理前のその前に

形状を確認

自宅トイレのゴムフロートの形状とサイズを確認し、適合するものを購入してください。

タンクを空にする

止水栓を閉めた状態で、タンク内の水を空にしておきましょう。

作業前に必ず、止水栓を閉めてから行いましょう

タンクの止水栓を閉める

タンクの下の方にある、止水栓を閉めてから作業を行いましょう。

※タンクの下など止水栓が見えない場合は、
元栓を締めてから修理を行いましょう。

修理方法

STEP.1

タンクのフタをあけ、手洗いノズルがあれば連結するホースや補助水管を外す。

STEP.2

レバーに接続されているクサリを外し、サイフォンからゴムフロートを取除く。

STEP.3

新しいゴムフロートのクサリについているフックを外しておく。

STEP.4

新しいゴムフロートをサイフォンに付ける。
※メーカーによって取付ける穴位置が違うので、ご注意ください。

STEP.5

レバー側に、さきほど外しておいたフックをつける。

STEP.6

フックの一番下にクサリを合わせ、合わせた位置から玉クサリ2つ分上をフックに掛ける。
※タンクの上から見て、クサリが少したるんでいる状態にしましょう。

STEP.7

止水栓を全開にし、タンク内に水を溜め、便器に流れる水が止まっているか、ゴムフロートがきちんと可動するか確認。

STEP.8

ボールタップが故障した時を想定し、タンクから水があふれ出ないよう水の勢いの調整をする。
タンク内の水を満タンにし、止水栓は開けたままボールタップを手で下げる。

STEP.7

水面がサイフォンの先端から10mm以下になるよう、少しずつ止水栓を締めながら、水の勢いを調整する。

STEP.8

STEP1で外した、手洗いノズルなどのホースを連結し、タンクのフタを閉めたら作業終了。

作業完了

止水栓を全開にし、タンク内に水を溜め、便器に流れる水が止まっているか、ゴムフロートがきちんと可動するか確認して作業完了。