修理補修などでお困りの方

壁付け混合栓共通 本体と取付脚の間からの水もれ修理/偏心管パッキンの交換

交換部品

品名 偏心管パッキン
品番 PP40-10S

準備するもの

工具

品名 水栓スパナ
品番 PR3350

その他

交換修理前のその前に

ナットを締め直す

ナットのゆるみで水もれしている場合があるので、一度、取付脚部分のナットを締め直してください。

パッキンの形状とサイズを確認

締め直しても水もれする場合は、一度本体をはずして、パッキンのサイズと形状を確認してください。
逆止弁付きタイプ、直径24mm以外のパッキンはメーカー取り寄せとなります。

作業前に必ず止水栓を閉めてから行いましょう

流量調整部分を閉める

取付脚に流量調整がついている場合は、
ここをしぼることで、止水が可能です。

※取付脚に流量調整が付いていない場合は、元栓を閉めてから作業を行いましょう。

修理方法

STEP.1

水栓本体の後ろ側のナットをゆるめ、本体を外し、パッキンを取除く。

STEP.2

新しいパッキンを取付脚に入れる。

STEP.3

両側のナットを少しずつ回し、最後に工具でしっかり締めて固定する。

作業完了

水道の元栓か取付脚の水量調整ネジを開け、本体と取付脚の間から水もれがないか確認して完了。