修理補修などでお困りの方

単水栓 ハンドルの下からの水もれ修理/三角パッキンの交換

交換部品

品名 三角パッキン
品番 PP42A-1S-13

準備するもの

工具

品名 水栓スパナ
品番 PR3350
品名 水栓プライヤー
品番 PR346-1S

その他

交換修理前のその前に

三角パッキンのサイズを測りましょう

三角パッキンの外径を測り、適合するパッキンを購入する。
家庭用は、呼び13(直径約22mm)が主流です。

※作業前には必ず、水道の元栓を閉めてから行いましょう。

作業前に必ず、止水栓を閉めてから行いましょう

元栓を閉める

戸建の場合、ほとんどが屋外の
水道のメーターボックス内にあります。
マンションなど中高層住宅の場合、入り口付近の
ボックス内にガス、水道メーターと一緒にあります。

※止水栓がどこにあるかわからない場合は、
水道局にお問合せください。

修理方法

STEP.1

ハンドル中心にあるカラービスを工具で外し、ハンドルを取外す。

STEP.2

ナットを外し、三角パッキンとパッキン受けを取除く。

※ポイント

パッキン受けは、スピンドルをゆるめると簡単に取外せます。

STEP.3

パッキン受け、三角パッキンの順番で取付け、ナットを締める。
※ナットをきつく締めすぎると、ハンドル操作が重たくなります。

STEP.4

ハンドルを取付け、カラービスをしっかり締める。

作業完了

水道の元栓を開け、ハンドルの下から水もれがないか確認して完了。