取り扱い店舗を探す

  • お問い合わせ
  • 水まわり解決帖について
  • 水栓の種類と名称を知ろう!
  • 交換・修理のその前に!
  • 動画で水まわり解決!

交換修理のその前に

  • TOP
  • 交換修理のその前に

「水びたし」を防ぐ安全策。止水栓を確認しよう。

水まわりの部品交換作業をする前に、家庭内の水道の元栓となる、止水栓を締めるようにしましょう。
部品を外した蛇口は、水を止めることができません。 止水栓を締めていれば、キッチンや洗面所を水びたしにしてしまうような、ついうっかりを完全にシャットアウト。 安心して作業を進められます。
多くの場合、止水栓はわかりやすい場所にあり、手でカンタンに締める事ができますが、 わかりにくい場所にあったり、専用の道具が必要な場合もあります。
以下の解説をご覧になって、ご確認ください。

止水栓の場所
一戸建て住宅

ほとんどの場合、水道のメーターボックス内にあります。
古い一戸建て住宅では、メーターボックスと別の場所にあることがあります。

(図)メーターボックス

マンションなど

入り口付近のボックス内に、ガス・水道メーターと一緒にあります。

(図)マンションなどの中高層住宅の止水栓ボックス

止水栓の種類
ハンドル式

ハンドルを右にまわすと水が止まります。一部の地域では左回しの所もありますので、本当に水が止まったかを確認してください。

(図)ハンドル式

甲式

手で回すことはできません。
止水栓キー(PR31A)をご利用ください。右にまわすと水は止まります。

(図)甲式

乙式

手で回すことはできません。
止水栓キーU型(PR311A)をご利用ください。右にまわすと水は止まります。

(図)乙式

カウンター下

洗面器やカウンターの下にある止水栓。ハンドル式とドライバー式があります。

(図)カウンター下