取り扱い店舗を探す

  • お問い合わせ
  • 水まわり解決帖について
  • 水栓の種類と名称を知ろう!
  • 交換・修理のその前に!
  • 動画で水まわり解決!

水栓の種類と名称を知ろう

  • TOP
  • 水栓の種類と名称を知ろう

水の出し・止めを行う部品は、「水栓」と呼ばれます。
水栓の役割は、大きくは水の出し止めと、湯と水の流量調節です。 水栓には、用途に応じていくつかの種類があり、種類ごとで交換部品も異なりますので、 自宅にある水栓の種類が何であるかを、よくご確認ください。
また、ツーバルブ混合栓をシングルレバー混合栓に取り替えるなど、 水栓そのものを交換することも可能です。利便性を考えてご検討ください。

ココに注意
壁付き・台付きにご注意を
※以下それぞれの水栓ごとに「壁付」「カウンター付(またはデッキ付)」の違いがあります。
部品の取付け方向が異なりますのでご購入の際にはご注意ください。
単水栓

水の吐水・止水(水の出し・止め)だけを行う、最もシンプルな水栓(蛇口)です。
吐水・止水をさせる部分は、どのタイプでも「ハンドル」と呼びます。
単水栓にも、横水栓・立水栓・自在水栓などいろいろな種類があります。

自在水栓/セラミック水栓/横水栓

ツーバルブ混合栓

湯と水の2つのハンドルで温度と流量を調節する湯水混合栓です。水栓のしくみは、単水栓と同じです。

バス壁付/キッチン壁付/洗面カウンター付

シングル混合栓

ひとつのレバー型ハンドルで、吐水・止水、湯水量調整・流量調節ができます。
レバーハンドルと連動したカートリッジによって湯水路の開閉を調節するしくみです。

キッチン壁付/キッチンカウンター付/洗面カウンター付

サーモスタット混合栓

お風呂場などでは、給湯器の給湯温度や水圧が突然変わっても、吐水温度を一定に保つ必要があります。
この水栓は自動温度調節機能が内蔵されていて、給湯器からの湯水を一定温度に保つ機能を持っています。

バス壁付/バスデッキ付